Skip to content

ヘアメイクアーティストってどんな仕事?

新郎新婦の要望をしっかり汲み取る

結婚式や披露宴に携わらない場合でも、ヘアメイクアーティストと言えば女性、男性共に憧れ職業の上位といって過言ではないでしょう。
特に、人生最高の舞台にこれから立つ新婦を美しく引き立たせる役割となる結婚式、披露宴のヘアメイクアーティストは、やりがいの大きなお仕事です。
お式や披露宴ではドレスに加えて打掛や白無垢なども着用するため、和服に合ったヘアメイクを理解しておくことが必要ですし、新郎新婦の披露宴に対する思いや希望をしっかり汲み取り、ヘア、ファッションに活かすことが必要となります。

披露宴当日は新郎新婦の近くに常に帯同し、ヘアメイクの崩れなどをいち早く修正することも必要となるので、心配りが必要です。
ホテルの結婚式担当のヘアメイクアーティストとして動くこともありますし、結婚式場のスタッフとして雇用されることもあります。
美容室などに勤めていて結婚式や披露宴担当としていく場合もありますし、プロダクションに所属し、お式に参加するということもあります。

ヘアメイクアーティストはこんな人に向いています

トレンドのヘアメイクを抑えておくことも重要なことですが、お式には和装もあり、和装の中でも花嫁衣装は非常に特殊なメイクとなります。
普段のメイク技術や知識では補えないものなので、結婚式、披露宴のヘアメイク知識をしっかり学ぶ必要があります。
当日着用するドレスや和装に関して、イメージをしっかりつかみ、ヘアスタイルやメイクだけが浮いてしまうような状態を避けることも重要なので、観察能力も重要です」

ヘアメイクアーティストの楽しさ、そして苦労

人を美しくさせる、変身させるということがお仕事となるヘアメイクアーティストです。
特に、お式について、また披露宴に関しては新婦の憧れや希望を取り入れることが重要なので、美しく仕上がり、理想通りになった際、新婦がにこやかにうれしそうにお式に出てくれている姿を見るのはひとしおでしょう。

もちろん、新郎新婦と意思の疎通をはかり、お色直しの時などには限られた時間の中で最高のヘアメイクを作り出す必要がありますので、何度もシミュレーションしておく必要もがあるでしょう。
結婚という場面でサポートするヘアメイクアーティストには失敗が許されないというプレッシャーもあるでしょう。

将来性が高い、ただし実力がものをいう

結婚式場やホテルの結婚式場スタッフとして雇用先があるほか、ヘアメイクアーティストとして知名度が上がれば、当然テレビなどへの露出が出てくる可能性もあります。
しかしそのためには高い技術と知識を常に求める気持ちが必要ですし、努力なくして名声は得られません。
一人の人を輝かせるというとてもやりがいのある仕事ですが、専門的知識、技術ともに必要な職業となるため、専門学校などでしっかり学ぶ方が将来のためになるでしょう。