Skip to content

ジュエリーコーディネーターってどんな仕事?

ここでは、ジュエリーコーディネーターについて紹介していきます。

ジュエリーコーディネーターの仕事内容

ジュエリーの販売には宝石に関する豊富な知識が必要を基に適切にアドバイスやコーディネートを行います。お客様に合ったジュエリーとは個性や好み、年齢によって様々です。それらの情報から適切な商品を提供していきます。

ジュエリー以外にも式場のご紹介も行います。そのため、結婚式の流れや式場のことも幅広く勉強しなくてはいけません。

ジュエリーメーカーやデザイン会社で経験を経て、独立される方も珍しくありません。ジュエリーの経営責任者となるケースが多く責任は重大です。十分に経験を積む必要があります。

ジュエリーコーディネーターとは一般社団法人日本ジュエリー協会(JJA)が主催する検定試験合格者を指します。

1997年に創設されたこの資格は3級から1級まであり、宝飾品販売業に携われるのならば取っておきたい資格の一つです。

ジュエリーコーディネーターに向いている人

高価な商品を扱うため、その商品を売るにふさわしい人が求められています。服装やマナーに意識をすることはもちろん、お客様の求める商品を聞き出すコミュニケーションスキルも必要です。宝石やブランドの歴史や知識、コーディネートするセンスも求められます。ジュエリーが好きであったり、結婚式に関わる仕事がしたいという人に向いています。

やりがい

販売したジュエリーを一生大切にしていただけたら、嬉しいことです。
一生に一度のジュエリー選びのお手伝いをし、自分の提案によりお客様が選んでくださることは責任感も生まれます。
提案時にジュエリーの持つストーリーについてお伝えし、それを気に入っていただけたことや指輪の付加価値を伝えられた時はやりがいを感じます。
ジュエリーのご案内だけではなく、式場のご紹介も行っていて、ジュエリーだけではなく様々なことを学べるのは大変ですが、楽しめています。

洋服やメイクとのバランスも大切ですが、式場で映える指輪かどうかも重視したいポイントです。
新婦様を美しく見せつつもジュエリーが主役になってしまわないようにするのもジュエリーコーディネーターの腕の見せ所です。

結婚指輪はファッションリングとは異なります。結婚指輪はファッションリングのように頻繁に付け外しをするものではなく、基本的には常に着けっぱなしです。また、自分の身体の一部として共に年月を重ねてゆきます。
(引用)結婚指輪のオーダーメイドなら鍛造指輪

大切な挙式の日に指輪を交換し、ずっと身に付け続けて人生を過ごしていくからこそ、運命の指輪に出会うためのサポートができることにやりがいを感じられている人も多いようです。

また、婚約指輪選びについてもジュエリーコーディネーターは欠かせません。
ジュエリーに関する知識のない新郎様の相談を受けることも大切な仕事です。自分の知識や経験がご夫婦に喜びを与えられたと感じられる瞬間にやりがいを感じるそうです。