Skip to content

カメラマンってどんな仕事?

憧れ職業!カメラマンはどんな職業?

カメラマンというと芸能や報道、広告などの分野で活躍するカッコいい仕事というイメージをお持ちになっている方が多いと思います。
カメラマンも色々で担当する専門が何になるか?によって撮影する写真にも違いが出てきます。

フリーとして働く方もいますが、多くは報道カメラマン、スポーツ選手の写真を撮影するスポーツカメラマン、広告などを扱う広告カメラマンなど、専門分野をもって働く方が多いです。

また一般的になじみが深いのは結婚式や学校の遠足等、イベント時に帯同して写真を撮るという事もあります。
結婚式の時などは、準備しているところから二次会まで帯同する事もあり、楽しい瞬間、また感動的な瞬間をしっかり切り取ってくれます。

カメラマンになるまでの道程

特別な資格が必要になるとか、学校を卒業していないとなれないという職業ではありません。
こういうルートを通らないとカメラマンになれないという事がなく、一般的にプロのカメラマンのアシスタントとして補佐業務などをしながら技術を磨き、独り立ちするという事が多いようです。

また最近はカメラについての技術や知識を専門学校やスクールによって学び、写真スタジオで雇用される、若しくは開業するという方もいます。
フリーのカメラマンになりたいという方などは、写真の実力を持っていることを広めるために写真コンクールに出品する作品を撮り応募したり、出版社や企業等に持ち込み、その実力を評価してもらう事で、カメラマンとしてスタートする方もいます。

海外留学をする人も多く高校を卒業してアメリカの大学に進学し、写真のみならず映像に関する知識と技術を身に付けフリーとなる人も多くいます。
高校生から留学準備をすると奨学金や留学サポートを受けやすくなるので、気になる人は個人的におすすめのNCN米国大学機構などの高校生留学ページをご覧になってください。

お給料面はどうなのか?というと、新聞社、雑誌社などに勤める場合、カメラマンであってもサラリーマン同様となりますので、毎月会社から支払われる固定給の方が多いです。

フリーカメラマンの場合、報道等で危険な場所に出向く際などにはかなり大きな金額を貰う事もありますし、知名度が高くなっていくとさらに高給となっていくこともあります。
有名なカメラマンになるとかなりの高給取りとなる事も珍しくありません。

しかしそこまで行くには努力も必要ですし、器材にそれなりのお金が必要となります。
また、運もかかわってきますので、なかなか難しい事です。

カメラマンのこの先は安泰?

カメラはフィルムからデジタルに移り変わり、撮影料などもかなり安くなってきています。
カメラマンとして安定を求めるという事なら、広告などを担う商業写真のカメラマンになる事が最もいいも道といわれます。

フリーになりたいという場合、フリーになるまでにどのくらいの期間がかかるのか、覚悟を決めて動くことが必要です。
努力も必要ですし、人脈も自分で作っていかなくてはなりません。
コミュニケーション能力も必要となりますし、運を逃さず行動できる行動力、積極性も重要です。